LOG IN

スタートアップとスモールビジネス

by 益子 貴寛

はたと膝を打った瞬間。

いわゆるスタートアップ企業の案件に関わったりして、「スタートアップ」と「スモールビジネス(中小企業)」の違いって、いったいどこにあるんだろうと考えていたときに、次のスライドに出会いました。

逆説のスタートアップ思考
http://www.slideshare.net/takaumada/startup-paradox-thinking

もう、目からウロコがポロポロと落ちること落ちること。作り手の馬田隆明さんとは一面識もないけれど、いつか会う機会があったら、全力でお礼をいいたいくらい。

スタートアップは「一気にスケールする」という言葉に、本当にはたと膝を打ちました(スライド9枚目)。出資を集め、グッとお金を投下して、一気に市場と顧客を生み出す。そんなイメージ。

しゃがんでジャンプ! みたいな。

個人にも有効な、スタートアップ思考。

最後のほうのスライドに書いてある「社会人一年目をスタートアップに見立てて『自分の時間』をどう投資するかにも使える思考法」は、本当にそうだなぁと。

社会人何年生であっても、そうですね。リスクを積極的に取りにいくというか、反作用を恐れずに、時間をグッと投下して。

スモールビジネスの一員ながら、あらためてそんなことを思ったのでした。

今日のランチ

https://www.instagram.com/p/BIY6xeqBENU/

神田「東京カオマンガイ」で、カオマンガイ〜タイ風チキンライス〜。
パクチーあり、並、黒ダレ、目玉焼きで。


益子 貴寛
OTHER SNAPS